脱!インポテンツ

昨今ではインポテンツという言葉よりもED(勃起不全)という言葉が浸透してきましたが、どちらも同じ意味合いの「性的興奮を受けても勃起しない状態」のことを指します。これには心の原因もあれば体の原因の場合もあり、それぞれのタイプ別に治療が必要です。

インポテンツは心と体を治療してください

インポテンツは精神的なストレス、緊張や不安といったもので起こる心理的要因と、喫煙や飲酒といった生活習慣から起こる2通りの原因があります。どちらも日常の問題から影響を受けているもので、問題は性交渉だけとは限らないものです。些細なことでインポテンツになることもあるので、原因を見極める必要があります。どちらの場合でも、そのうち治るだろうと甘く見積もって放置していても、治る見込みはありません。食べ過ぎで太るようなものと同じで、精神的なストレスや体調不良を起こす原因を正さないと解決することができません。
また男性は意外とナイーブなところがあるため、失敗をずるずると引きずる傾向にあります。「次も失敗したらどうしよう」「まただめだ」と考えていくうちに、最初は身体的な原因だったものが、インポテンツを経験する事で、精神的な原因に変化する場合もあります。この2通りの原因が絡み合う複合型のインポテンツでは、治療が大変になることは言うまでもありません。
そのため身体的なインポテンツを治療しているからといって、ストレスなどの精神的なケアを怠ると、原因が反転して精神の治療も必要になってしまいます。どちらか一方が原因でも、両方を同時にケアしていくことが大切です。精神的なものが原因であれば、治療と一緒に食事の改善や運動で体を動かして生活習慣を変えていく必要があります。
普段から精神的なケアや生活習慣に気をつかっている人なら、それほど心配する必要はありません。しかし医療機関で治療を行う場合は、専門の泌尿器科か精神科で、行動療法または精神療法を受診する必要があります。検査次第ではED治療薬を処方してもらうこともできますが、治療薬が無効の場合は、泌尿器科に受診することになります。
↓医薬品のオススメ通販サイト
お求めの薬は通販がお得